#337 引き寄せの達人②

どうやって引き寄せの達人になっていったのか、今回はその回答編になります♪

アラフィフ単身赴任サラリーマンのえびすたま剛です。

今回は「#336 引き寄せの達人①」の続きになります。

引き寄せの達人

夢かな自動モードに突入するキッカケ

すべてがうまくいっているような武田葉子さんがなぜ夢かな自動モードになっていったのか?

それには大きなきっかけが二つあったそうです。

一つ目はある出会いから、一人の人間の持つ意識の力はすごいものがあり、人の意識が世界を作っていると知ったことだそうです。

それで、自分にもそれができるかどうかの意識の実験として願いを紙に書いて、それをボードに貼ることから始めたのだそうです。

するとまぁ、紙に書いたことがどんどん起きるわけです♪

・意識にはスゴイ力があり、その意識が自分の世界を作っている
・今ここで思うことが現実になる

まさに、「思考が現実化する」ですね♪

純粋に思いきれたらその想いが未来を作るベルトコンベアに乗ってその未来がやってくるわけです。

でも途中で諦めたり、時間差に耐えられずに疑いが出てしまうとそれもベルトコンベアに乗ってしまう。

だから、現実になってほしくないようなネガティブな想いは49%以上は乗せないように意識することが大事なのだそうです。

逆にネガティブ0%を目指すとバランスを崩すので20%くらいに抑える感じがちょうどいいそうです。

 

二つ目のきっかけは武田葉子さんの意識レベルを大きく育てた感謝ノートです。

感謝ノートとは日常の中で小さな幸せを見つけ感謝できることをノートに記す習慣です。

・感謝ノートを始めるきっかけは意識が自分の人生を形作っていると知ったから
・その意識レベルが一番いい状態は感謝している状態だろうと思った
・でも自分は感謝が足りていないな
・感謝できる自分になりたいなぁ

と思ったのだそうです。

そう思った数日後に、なんと家のトイレが詰まったのだそうです。すぐに直してもらいましたが、この時トイレが詰まったのは自分の無意識が引き起こしたのではないか?と思ったのだそうです。

感謝が足りていない自分が感謝できる自分になりたいと思ったので、トイレが詰まり直してもらったことで「トイレが普通に使えることってありがたいことだったんだ」と気づき、トイレに感謝できる自分になれた、というわけです。

自分が願った通りになっている、そのことに気が付いたとき、失って初めて感謝に気付く人生ではなくて、ちゃんと普段から感謝できる自分になりたいと思って、感謝ノートを始めたのだそうです。

それで、30日続けてみた。すると・・・・・疲れたのだそうです。

まだ感謝神経が育ってなかったのですね。でもまたしばらくすると感謝ノートを続けていたときの方が気持ちが優しくていろんなことがスムーズに流れていたことに気づき、やっぱり大事なんだと思って再開したそうです。

これ、大事ですね♪ やりたいと思ったらやる、できない日はやらなくていい、気が向いたら再開する、という緩い形で続けるのがオススメなのだそうです。

<感謝するポイント>
今から幸せになっちゃうんだから、どんな今まででもそれを頑張ってきた自分を受け入れて良かったって思うこと

感謝ノートを書くことで、無い方を見るのではなくてある方を見ることができるようになり、次第に小さな日常の幸せをしっかり味わえるようになっていけるのですね。

これによって、心を次第に喜び、幸せ、感謝がベースになり自分に満たされる感覚、胸の中心が温かくなるような何とも言えない心地よい感じが芽生えてくる。満たされる感覚を育てるゲームだと思ってやってみるといいそうですよ。

武田葉子さんは言います、感謝ノートは幸せになる基礎トレーニング、と。

ちょっとやってみませんか?

心からありがとうと言いたくなる物語

ここで心からありがとうと言いたくなる物語を一つ。

児童施設で働く50歳過ぎの女性スタッフがいました。老眼鏡が必要になってきて、そういう歳になったのだとショックを受けていました。

ある日、施設の子供が声をかけてきました「先生、眼鏡かけているの?」と。

彼女は腹立たしさから「老眼鏡!」と言い放った。

すると子供は意外な返事をしました「よかったね」

女性は聞き返します「何がよかったの?」

「老眼鏡がかけられるまで、生きられてよかったね」

・・・施設の子供たちは成人するまで生きるのが難しい障害を持った子供たちでした。

限られた命を生きる子供たちにとって「大人になる」というのは夢なのですね。大人になる、というのは当たり前じゃないんですね、大人になれるというのはスゴイことなんです!

大人の人たちは、今日も夢のような一日を過ごしていたのですね! 何でもない日に感謝が芽生えてきますね♪

今日のTwitter(菊地姫奈)

季節はもう秋から冬になろうとしていますが、やはり巨○の水着は素晴らしいですね♪

エロに季節感は特に必要ないのです! あった方がよりいいですが笑💗

コメント

タイトルとURLをコピーしました