#358 Gスポットの正しい刺激方法

オトナの保健室チャンネルですが、最近新メンバーの天月あずさんが加わったみたいですね♪ 架乃ゆらさんの事務所の後輩みたいですね。

個人的にはこのチャンネルは架乃ゆらさんが出ているから見ていますので、架乃ゆらさんがずっと出てくれていればそれでいいです笑♪

アラフィフ単身赴任サラリーマンのえびすたま剛です。

 

Gスポットの正しい刺激方法

Gスポットはご存じのように女性の性感帯の一つであって刺激することで膣内オーガズムに達する可能性がある器官ですね。

ですが、人によってGスポットで感じることができる人とできない人がいるのですね。

Gスポットは1940年代から研究されてきたもののようですね、意外に歴史が浅いのですね。それら研究からわかってきたGスポットについて色々と勉強していきましょう♪

 

Gスポットの正体

Gスポットは栗の一部であると捉えられています。

私たちが見ている栗は下図のような突起部ですが、それはごく一部であって、内部は膣壁に沿って二股に伸びたような構造をしているのですね。

そして性的な興奮を感じることで栗だけでなく体内の二股も膨張するのですね。

MRIを使った調査では、性的興奮を受けた時は全体的に膨らむように大きくなり、平均で2倍以上になったようです。

Gスポットは栗の一部と捉えられているので、膣内上部を触ることで栗の一部を刺激していることになるのですね。

栗に生殖機能はなく、快感を提供する機能を備えており1万本以上の神経が集中した部分なのですね。まさに快感を得るための器官ですね。

本当にその役割の為だけに備わった器官なのでしょうか? そうだとすると、性行為を楽しむために備わった器官ということですよね♪

 

Gスポットの感覚

栗の感覚は陰部神経を介して脳に伝わり、膣の感覚は骨盤を介して脳に伝えられるという異なる性感帯なのですね。

Gスポットでオーガズムに達する感覚は人それぞれなのですが、栗のオーガズムよりも深く激しく全身で感じると表現している人が多くいるようですね。また心理的な満足度が高いと表現する人もいます。

Gスポットの刺激によりオーガズムを繰り返し感じているとオーガズムの感覚がより高まる場合もあるのですね。

ただGスポットを刺激することで、尿意を感じることがある場合がありますが、それは膀胱とGスポットが近接しているので、この感覚は正常なのですね。

ただ、尿意に気を取られすぎるとストレスになって快感を感じにくくなりますので、性行為前には排尿しておく方がいいですね。

 

Gスポットの位置

Gスポットの位置は下図のように膣口から3~5cmのところにあるようです。だいたい、人差し指、中指の第2関節くらいまでの長さですね。

Gスポットを触った感覚はこれも人それぞれで、ザラザラしていたりツルツルしていたりするのですね。

触った感じは色々あるみたいですが、擦るのではなくて押す方がいいみたいですね。

Gスポットの位置も人によって微妙に変わっていて、膣口から3~5cmよりも奥にあったり、中央部分ではなかったり、表面ではなくて少し押し込んだあたりにあったりと個人差があるのですね。これは、女性の反応を見て探してみましょう♪

 

Gスポットの刺激方法

Gスポットの刺激方法は激しく出し入れする方法ではなくて、お腹側に向かって上向きに優しく持ち上げるように圧迫刺激をするのが適しているようです。

大人ビデオのようにガシガシやるのは膣を傷つける可能性がありますので止めましょうね♪

また指先を立てて触るとこれも膣を傷つける可能性がありますので、指の腹で触れるようにしましょう。

 

①一定リズムの刺激

女性が快感を感じるところがわかったら、その部分を一定リズムで刺激するといいです。それは、一定リズムの刺激でオーガズムに達する女性が多いということが研究でわかっているのですね。

変則的なリズムはオーガズムに達しにくいのでどうも好まれないみたいですね。

前戯などはマンネリにならないように色々なバリエーションを求められたりしますが、オーガズムに達するところは一定リズムがいいのですね。

 

②クリトリスと同時刺激

膣内の刺激だけではオーガズムに達しにくいようで、栗と同時に刺激する方が良いようですね。

ある研究では、性交刺激のみでオーガズムに達したのは18%に対して、性交刺激+栗だと2倍の36%まで増えます。

それでも36%ですからね、性交刺激+栗のW刺激は必須な感じがしますね。

また、脳は性的刺激と同時に感じる刺激に対して、どちらが性的刺激なのか判断することができなくなって両方とも性的刺激として錯覚してしまうのですね。

そして、女性の性感帯の開発はこの錯覚を活用するみたいですね。だから、最初はGスポットでは快感が得られない人でもこの錯覚を利用することでGスポットでの快感が開発されることはあるようですね。

 

挿入でオーガズム

Gスポットの位置は膣口から3~5cmに位置しているので、最低限の長さがあればよくて、Gスポットは圧迫刺激になるので、長さよりも太さ・硬さが重要になってくるのですね。

そして指は硬すぎるのでやはりペ○スによる圧迫が好まれるようですね。加えて、ペ○スでも先までカチカチすぎるのも痛い場合があるようですね。

そこまでカチカチで悩む人は少ないかもしれませんが、悩みは十分な硬さが得られない方ではないでしょうか。

その場合は、やはりED薬ですね♪

ED薬についてはEbisutamaGo-Blogではこれまでに度々取り上げていますので、ぜひ参考にしてください♪

#184 最強の夜のお供
#188 最強の夜のお供②(効果のメカニズム)
#190 最強の夜のお供③(様々な効用)
#195 最強の夜のお供④(しみけん・前編)
#196 最強の夜のお供⑤(しみけん・後編)
#208 お薬の入手体験記録
#224 お薬のお試し体験記録
#264 お薬のお試し体験記録②

 

今日のTwitter(チロルちゃん)

もうサウナ編、温泉編ですね♪ チロルちゃんのすっぴん、素敵ですよ♪ すっぴんで見ると結構幼い感じがするのですね、カワイイ💗

https://twitter.com/mmmlmmm2/status/1718298550948487399?s=20

コメント

タイトルとURLをコピーしました