#333 絶倫を手に入る方法

なになに??って思いますよね♪ 絶倫を手に入れるための睾丸オ○ニーという方法があるらしいのです。

オ○ニーで睾丸を使う?どうやるの?んん??

アラフィフ単身赴任サラリーマンのえびすたま剛です。

絶倫を手に入る方法

睾丸の役割

オ○ニーをするときにペ○スをただ上下にしごいて睾丸に全く触れずに行うのは、実にもったいないことをしているそうなのです。

日々のオ○ニーで睾丸を刺激することで精力が上がって絶倫ペ○スを作り上げることができるのだそうです!

<睾丸の役割>
①精子を生産する
②テストステロンの95%を分泌する

なんと、テストステロンの95%は睾丸から分泌されるのですね!だから、睾丸の状態を整えることでテストステロンの分泌が促進されて、勃起力を高める効果も得られるようになるのですね。

テストステロンが高まれば勃起力だけでなく、気力・精力アップ、集中力アップ、自信アップ、筋肉・骨の強化と、絶倫ペ○スを得る強力なサポートになるのですね。

睾丸、大事ですね!!!

この動画では絶倫ペ○スを作り上げるためのタイ式マッサージを取り入れた方法が紹介されています。

睾丸オ○ニー方法

睾丸とは陰嚢で包まれていて、精管などを含む複数の機関で構成されています。

ゴールデンボール(金玉)とも呼ばれていますが、金色ではなく白色であり、体外にある唯一の機関です。精子が熱に弱いので体外にあるのだそうです。

サイズは縦5cm、横2.5cmの卵型で、重さ10~15gほどになります。

睾丸はデリケートなのでマッサージをするときは強くして痛みを感じるほどする必要はなく、優しくしましょう♪

マッサージはお風呂でやるのもいいですが、継続させようとするとオ○ニーするときにセットで行う習慣をつけた方が良いかもしれませんね。

睾丸マッサージは3STEPで構成されていて、マッサージによって睾丸周辺の血流が増加する効果が期待できるので、勃起力も改善しやすいのですね。

各ステップ5~10回を目安に少ない回数から初めて徐々に増やしていくのが良いそうですね。

 

<睾丸マッサージ手順 STEP1>
陰茎付け根・会陰の指圧マッサージ
①ペ○スと睾丸を繋ぐ根元を押し込む
②睾丸、陰嚢の下までぐるりと一周押しながら回る
③下に到達したら、肛門と睾丸の間の会陰、前立腺部分も優しく押す

押すときはゆっくり押して、そしてゆっくり緩める、これを繰り返すのですが、自分が気持ちいいと感じるくらいの強さというのがポイントですね。

 

<睾丸マッサージ手順 STEP2>
陰嚢 → 睾丸 → 精管の指圧マッサージ
①睾丸を手全体で包み込むようににして、人差し指~小指まで順に動かしていって暖める。
②陰嚢を親指・人差し指で摘まんで上下左右に引っ張る。
③睾丸を指全体を使って摘まんで上下左右に引っ張る。
④精管を引っ張って、上下伸縮させて人差し指と親指で睾丸を転がして左右にマッサージする

暖めるウォーミングアップでは睾丸の硬さや大きさなど日々の体調や習慣によって変化するので、指を動かしながら硬さ・大きさをチェックする意識で行うといいですね。

陰嚢とは睾丸を包んでいる玉袋のことで、陰嚢を伸ばすことで表面の血流が良くなって玉袋の伸縮性を上げます。この際にも痛みが出るような強さでは行わないようにしてくださいね。

慣れてきたら軽く指で睾丸をタップして刺激を与えるというのも、中国式マッサージではあるようですよ。

睾丸の上の方にあるコリコリしたところが精液の通路である精管になります。停滞した精管の精液や組織の調子を整えることで、ペ○ス全体の活性化が期待できますよ♪

 

<睾丸マッサージ手順 STEP3>
陰茎、骨盤底筋筋トレ
①お尻の穴を絞める
②(お尻の穴を絞めたまま)半勃起状態で根元を握って圧を加えながら亀頭手前までスライドさせます。

STEP3は半勃起状態で行いましょう。睾丸マッサージをしても柔らかい状態でしたら、陰茎に刺激を与えて半勃起状態にしてください。

陰茎も勃起を支える筋肉の一つなのでほぐすことで血流が良くなり勃起力が上がります。ペ○ス・亀頭部分に向けて2~3secほどかけて圧を加えながら血流を送り出すイメージでスライドさせると良いそうです。

お尻の穴に力を入れて肛門を意識して閉じることで、勃起力をより促す骨盤底筋を同時に鍛えることができます。

手の圧をかけている間はお尻を絞める力を入れておいて、手を緩めたらお尻も緩める、そしてこれを繰り返す、という風にすると効果的だそうですよ。

 

睾丸オ○ニーの注意点

睾丸オ○ニーの効果をより感じるためには、ストレッチをしたり身体が温まった状態だとより良いそうです。だから、風呂上りとかは良いタイミングかもしれませんね。

睾丸・陰茎マッサージをするときに滑りが良いとやりやすいということでシャンプーやリンスを使いたくなりますが、擦れ・痒み・乾燥・化学火傷を引き起こしてしまう可能性がありますので、ローション、ワセリン、ベビーオイル・オリーブオイルなど肌にいいものを使うようにしましょう。また、どのマッサージも痛みがでるほど行う必要はありません。

また、ご紹介したマッサージのすべてを行う必要はなく、一部だけでも取り入れることで効果は得られるので、やりやすいものを継続して行うといいですね。

睾丸に良い食事

マッサージのような外からのアプローチも重要ですが、身体の中からのアプローチもあるとより効果的ですね。

身体の中からのアプローチは、テストステロンを高める食事ですね。亜鉛や構成化ビタミン(ビタミンB,C,E)は男性ホルモンの活性化に効果的なのですね。

そしてテストステロンはタンパク質の合成を促す作用があるので、テストステロンの効果を最大化するタンパク質の元となるアミノ酸の摂取はとても大切ですね。

ここではコンビニや外食ですぐに食べられそうなものを以下にピックアップします。

①ゆで卵
バランスよく栄養素を含んでいて、必須アミノ酸も含んでいる。そして、テストステロンを生成する栄養素であるコレステロールを含んでいる。

②カキフライ
牡蠣には亜鉛が豊富に含まれている。亜鉛テストステロンにはとても密接な関係がある。

③ブロッコリー
ビタミンがとても豊富で、タンパク質が野菜の中でも豊富に入っている。女性ホルモンのエストロゲンを抑えて、男性ホルモンを増強する働きがある。

④人参
テストステロンなどの性ホルモンと似た構造を持っていて、男性ホルモンの働きをサポートしてくれる効果がある。

⑤アボカド
ホルモン調整の司令塔であるビタミンEを豊富に含んでいるので、テストステロン分泌に効果がある。

 

睾丸を整えることで、テストステロン分泌による頻尿腰痛、記憶力・集中力改善にも効果が期待できたりと、睾丸は人生のパートナーなので、睾丸とよりよい付き合いができるといいですね♪

今日のTwitter(空峰 凛)

https://twitter.com/sorarin_R/status/1707608610111713297?s=20

コメント

タイトルとURLをコピーしました